キャンプ2



キャンプでアルー其の二ー


夏休みももう終わりということで、富士裾野にキャンプに行きました。

富士すそ野ファミリーキャンプ場

ここは、ドッグランもあるキャンプ場で、ランはあまり広くはないけれど、その中にはアジリティーの施設も少しあります。
何より気に入ったのは、サイト一つ分の区画が広い!
で、ちょっといいと思ったのは『管理者がうるさい』(爆)
なんで管理者がうるさいといいのかというと、イコール『利用者のマナーがいい』のです。うるさい管理者だと、リピーターはその趣旨に同意している人間に限ってき、自然とマナーの悪い人はいづらくなってくる、という具合です。キャンプを始めて七年、そういうところが生き残ってきていると最近よく思います。
広々ー
そして、芝生の管理もうるさいから、二回続けてサイトを使用しない。つまり、利用者が帰ったサイトはその日は空いている、ということです。バーベキューグリルとかの調理器具は、地面からの距離をチェックされます(^^ゞ

私たちはランのまん前のサイトでした。隣はビーグルちゃんで、そのまた向こうがコーギーというかんじでした。
一匹、反対側に無駄吠えしている犬がいたけれど、あとはすごく静か。アルは案の定、ビーグルちゃんと意気投合、いつまでも遊んでもらっていました。
初日はテントを張って、お終い。二日目は「愛鷹山」に登りました。
春に行った秩父の山と同じ程度と思っていたのが大きな間違い。
最初はこんな感じでも↓
出発!大きい岩の急斜面
次第に岩がゴロゴロ、傾斜はジャンプ台並みなところばかり。

だけど、山の上のほうに行くと、今度は道が狭くて怖い!葉先の鋭い山アザミ、のような植物が行く手に生い茂り、あちこち傷だらけ。

道は細いし、下は霧だか雲だかで真っ白。最後にはロープを伝って登るような急斜面でした。
犬つれ、幼児連れには、きつかった!
下の左側の写真、アルの先は断崖絶壁です。
割石峠・アル「怖ー」頂上にやっとついたよ!

でも、アルもカイチュも泣きもせず、本当にがんばって登りました。偉い!
二人とも、やれば出来るんだよ、と自信を持ったと同時に、本当に感謝しました。
泣かれたり、ストップされたらもう、引き返すしかなかったもんね(でも、引き返すほうが多分ハードだった)

予定ではお昼過ぎに下山のつもりだったのに、3時を過ぎてました。
翌日は私は見事に筋肉痛。
寝てばっかりだったアルも、きっと筋肉痛だったのかもしれません。

感想:
『真っ白な中を歩き続ける登山は面白くもなんともありません!
やっぱ周りの景色がみえなくちゃ! BYまも』

旦那様へ一言:
『あれは絶対初心者向けではありませんでした。
武甲山よりハードだったじゃん!BY 妻』

今回、あまり写真が撮れなかったー。
ので、これにてあしからず。
「アル、顔曲がってる」アル:「ほっといて!疲れてんの! ぐーzzz」
帰りの車の中




ブラウザを閉じてお戻りください。
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー